×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バイク 下取り 相場 買取

バイク 下取り 相場 買取

バイク 下取り 相場 買取

下取りと買取を比べる。
「下取り価格」は基本的には「買取価格」の相場内です。
それは、下取りした車両がそのままバイク販売店で売れない事も有るので、近くの知り合いのバイク屋に流したり、業者間オークションに流したりします。
その時に、下取りしたバイク屋さんも「手間賃」を引いて売却出来ないと赤字になるので、その辺の経費は始めから下取り価格から引いています。

下取り価格>買取相場=赤字
下取り価格<買取相場=利益

なので、必ず売れる様に、買取相場内で下取りします。

これはレッドバロンも同じで、店舗のお客さんとジャンルがあまりにも違ったら、長期間売れないまま不良在庫になってしまいます。
それを避けるために、ある程度余裕を持った買取、下取りをしないと経営出来なくなります。

では、なぜ世の中では「買取<下取り」だと刷り込まれているのか?
これは、昔からの慣習で、「買取よりも下取り」を上に置いて、次のバイクを自店舗で購入して貰うために、2段階で査定を上げれる様にしているやり方だからです。
ですので、バイク屋さんに買取で売却するのがダメな事が分かると思います。

店舗を構えて、新車、中古バイクの「販売」がメインの会社、販売店の買取は「出来るだけ避けたほうがいい」という事です。
これは全国規模の「大手の赤いバイク販売店」も同じです。

バイク屋に買取依頼するという事は、その時点で「1段階低い査定表」が使われるので、そこで頑張っても「下取り」を超える事はありません。
バイク買取業者の場合も、店舗を構えている業者も多いので、地域のバイク屋さんに下取りに出そうかと考えているのであれば、一度買取業者の店舗が近くに有れば、行ってみてバイクを見て、「下取り査定」して貰って比較してみると、値段の差が分かると思います。

このページの先頭へ戻る